Dog Salon ao*boshi the*dog star

北海道札幌市西区のトイ・プードル専門のトリミングサロンのブログです☆

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07

 

タイトル - コピー


 

ご予約 お問い合わせ 写真館


 

料金   

  

WANCO-GOODS お取り扱いブランド追加いたしました☆彡 ⇒ わんこグッズ販売 トリミングファン1

登録番号:札保動セ登録第1284号(保管)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャンプー剤の使い方

カットやお手入れはサロンでしていても、シャンプーだけなら自宅でしている!
というオーナーさんは結構いらっしゃいます。
たくさんのお手入れ用品が出回っているし、本や雑誌などでも愛犬のお手入れの仕方が
掲載されていますしね。

pino.jpg

とはいえ、自己流のシャンプー方法をされている方も多いのではないかと思います。
意外と知られていないのがシャンプー剤を希釈して使うことです。

シャンプー剤の種類によっては、原液のまま使ってもいいとされる製品もありますが、
希釈して使うことをオススメします。
希釈して使うメリットは、ムラなくシャンプーが全体にいきわたることと、
泡立ちが良くなることです。
特に、毛量のある犬種やダブルコートの犬種は、原液のままだと全身にシャンプー剤が
均等にいきわたりにくく、泡立ちも悪いでしょう。
泡立ちが悪いとたくさんシャンプーを使うことになり、経済的にも良くないし、
すすぎ残しによる皮膚トラブルの原因にもなります。
また、細かい泡を立てることにより、被毛同士の摩擦のダメージを少なくすることも出来ます。
シャンプー剤のなかには、原液のまま使用すると皮膚に刺激が強すぎる製品もありますので、
常に希釈することを心掛けてください。
リンスも同様で、泡立てないにしても、薄めてご使用ください。

それと、希釈したシャンプーは、その都度必ず使い切ってください。
残ってしまったからもったいないと、次のシャンプーまでそのまま放置したり、
注ぎ足して使ったりしないでくださいね。
お湯(水)で薄めたシャンプーやリンス剤は時間が経つとともに劣化していくので、
被毛や皮膚に影響が出たりする可能性がありますので。

ドッグサロン あおぼし では、

泡立てに「awaボトル」という簡単にきめ細やかな「泡」を作れるポンプを使用しています。
わんちゃんの体でシャンプー液を泡立てるのではなく、泡を作ってわんちゃんを
シャンプーすることにより、シャンプー剤のすすぎ残しもなくなり、
皮膚にやさしいということになります。

体質を変えてしまう程、恐ろしくダメージのあるシャンプーが出回っているので、
成分表示を確認して、わんちゃんのシャンプーを選んでいただきたいです(uдu*)))。
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

 
プロフィール

skymeg

Author:skymeg
Dog Salon ao*boshi
ご来店のわんちゃんのご紹介、
サロンで使用している
お手入れ用品のご紹介などを
楽しく綴っていきます♪

 
 
検索フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。